そんなワカメは明日の海に沈む

2009
10 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 12
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
#97
先週の母校展示がおわって、今年の作品がすべて終了したため、なんだか気が抜けておそらく今週はかなりふらふらだらだらしそうです。
まあ今週くらいはそうさせます。

来週からは卒論しっかりやります☆


なんだかまだ風邪がなおりません。たぶん急性の気管支炎じゃない?っていわれて納得。最近風邪の後の咳が長いのはそのせいか・・・体は大事にしましょう

12月は、自分で作る予定はないから、積極的にいろいろみてインプット期間にしたいと思います
なんかおもしろいことをやっている人がいたらぜひ誘ってあげてください☆


寒くて外に出にくいこともあって、近頃は本が読みやすい。
最近は気になる本があったら覚えといて、あまり高くなければちょこちょこ買っていってます。
大学図書館みたいな便利な施設がそろそろ使えなくなりますからね。

先週金沢にいったとき、21世紀美術館で鶴見俊輔の「限界芸術論」を購入しました。
読んでたら「永井君、じぶんの作品に限界感じてるの?」みたいなことをいわれました。


ああ・・・そうかもしれない。
いや、そんなことはないって。うん。
スポンサーサイト
未分類 comment(0) trackback(0)
#96
R0027138_convert_20091127232645.jpg

今年度最後であろうと思われる作品が完成し、同時に今回の母校で行なわれている企画「takitaあーと通信」が終了しました。今回の作品に関しては、テキストも一緒にみてもらっていて、作品に至る経緯を書き記したものとのセットになっていました。

それにしても、今回の企画に関しても多々問題を引き起こし、企画に誘ってくれた母校の美術の先生を初め、いろいろなひとに多大なる迷惑をおかけしたことをここにてお詫びいたします。
作品続きで若干息切れ状態だったんですが、なんとかもってよかった。

R0027108_convert_20091127234034.jpg

R0027131_convert_20091127233912.jpg

R0027161_convert_20091127233809.jpg
未分類 comment(0) trackback(0)
#95
かぜがなおりかけてきました!!!
永井です。

今、自分の母校での展示を行なっていて明日が最終日です。細かくいえば展示ではなくて「展示までのプロセス」という名の展示であり、明日一日が本制作です。

ずばり「赤いカド」です。明日になったら写真アップできるのでみてやってくらさい。

今回は学年主任の先生に呼び出しくらったり、お詫び文を書くはめになったり、まあ今回もいろいろと問題を引き起こしてしまったようで、いろんな人に迷惑をかけまくりました。
ですがまだギリギリ登校禁止令はでていないようです。
しかも、僕の愚行が意外と学校の生徒側にうけててビックリ☆若いってすばらしいことです。内容はいえませんが、中二のやるようなアホなことをしてしまっただけです(_ _)

明日最後の一日です。少しでも多くの人に、よくもわるくも影響を与えることができるようにがんばります!
未分類 comment(0) trackback(0)
#94
R0027043_convert_20091124014400.jpg

R0027014_convert_20091124014331.jpg

どうも。若干かぜぎみの、ながいです。

昨日は、岐阜の上にある金沢の21世紀美術館に日帰りでいってまいりました☆

朝11時に長久手を出て、4時くらいに美術館とうちゃく☆んで7時すぎには金沢を出るという、ほぼ車にのりっぱの一日でした。腰痛さん再来です!



今21世紀美術館では、オラファー・エリアソンという造形作家の展示が行なわれています。イギリスの美術館に太陽を作ったり、NYに滝を作ったりする人です。

展示の数、内容ともに、かなり量感のある展示で、観客満足度のけっこう高い展示でした☆

この作家は光の操作を中心とした基本的な効果を使って、空間をダイナミックに演出するものが多く、作家によって包括された空間を楽しむ展示がとても多いです。
こういった類の展示は、現代美術のイメージにつきがちな難解さがなく、多くの人が楽しんでみることができる「スペクタクル」としてとらえることもできて、とてもいいものだと思いました

また、今回のような展示は美術館というよりかは若干科学館みたいな感じがして新鮮です。美術が科学と交わろうとするのは昔からそうだし、意外と密接した分野ではあるんだけど、こうして大きな「美術館」という自由度の高い箱の中で科学的な根源に触れるのも悪くない。
むしろ、余計な情報を省かれているが故にその美しさはもちろん、我々にとって根源的で大切なものであることを科学館以上に感じることができます。
そういった点を見ると、オラファーエリアソンの展示は、美術のベースにある「美しさ」の追求をある種まじめに行なっているものだとかんじました。



下の写真は女の子じゃないです。これはタマヤマです。
未分類 comment(2) trackback(0)
#93
R0026866_convert_20091119214604.jpg


R0026869_convert_20091119214357.jpg


どうも、永井です。

今、自分の母校で展示行っています☆来週の24日から27日までが展示期間なのですが、
今週はその展示を行う場所で、ずっと展示について考えています。写真ではパンダに目をとられてわかりにくいと思いますが、頭上に糸を張ってそこにクリップでアイデアや、写真をはっつけています。
ほぼ一日いるので半分パフォーマンス状態です。かなり高校生に見られてます。


展示は図書室のテラスのところでやるのですが、4階のテラスは風が吹きすさんでいて寒すぎる。故にほとんどだれもきません。



ときおり別の校舎からでかい声でなんか聞かれたりします。そいつがヤンキーみたいな口調で怖いです 笑
でもそれを含め、いろんな反応があっておもしろい。たんぼとか町中でやったりするのとはまた違ったリアクションがあります。


そもそも高校生の校内における行動範囲の狭さにおどろく。さむいのもあるだろうけど、自分もたしかそうだったことを思い出して納得。
授業の合間は、教室移動とトイレ以外なかった。今考えると、あまりに動かさなさすぎだ。

というわけで、ただいま別プロジェクトを行って、高校生を図書館に誘い込もう作戦実行中☆

明日は一年の授業に参加してきます☆なんか話すことをかんがえようかねえ。



ちなみに、これ、校外非公開なんで、卒業生以外見れません。あしからず。
卒業生の方々はぜひぜひ見に来てくださいな
未分類 comment(0) trackback(0)
#92
R0026726_convert_20091117164323.jpg


朝から雨がだらだら降り続いています。寒すぎて思わず学校を休んでしまいました。
紅葉も終わったか終わらないかよくわからぬうちに、こんな本格的な寒さがくるとつらいですね。みなさまいろいろな感染症にかからぬようおきをつけくださいませ。

自分は、今日の一日を使ってようやくパソコンのデータのバックアップをとりおえました。ようやくというのは、自分のパソコンが調子わるくなって借り物のHDにデータとりだしをしてから、かれこれ2週間たっているからということであります。
自分は周りと比べると比較的コンピュータのおせわになっている方ではないとおもうんだけど、それでもパソコンが壊れると、作品写真はどうしようとかせっかく集めた動画をどうしようとか、そういうこまった状況になるわけですねえ。デジタル家電は信頼しすぎず、適度にうまくつかえるといいです。

そういえば大学の1、2年だったころ、いつもデジタルとアナログが云々という話をして、両者を何かと比較していた記憶があります。両者を比較しては、いつもじぶんがアナログと呼んでいたものをなぜか無意識に擁護していて、「デジタルは新しい」「アナログは古い」という図式を根底に据えて話をし、デジタルを駆使できない自分の作品は絶対的に進歩性に欠けたものでしかないというコンプレックスをもっていたようにも思います。
あのころ自分はメディア・アートだとかそういったキラキラしたものがもつ「キラキラ」の部分の魅力からどうしても目を離せずにいたので、余計ですね。それしか価値がないというやつです。自分にとってのあの「キラキラ」って「新しい」といわれるものがもつ特有の感覚だったですね。

今は、別の価値観のもとで作品を作り続けていたり、プログラミングができないということをようやく悟ったり、純粋にデジタル系統のものから興味が薄れてきたりといろいろなことからそういったことを考えることはなくなりました。
というかそもそもデジタル/アナログのようになんでも2項にわけてうんうんと考えることがなくなったのが一番の理由です。
いわゆる「どっちでもいいかな」という感じ。




自分がすべきことは、あるサブジェクトを細かく細かく分断して調べあげたり構築しなおしたりすることではないです。逆にすべてそのまま。観て、聴いて、包まれて、そのままそれを自分の手の上において、ひと呼吸つかせてからまた放つ感じ。
それが自分に一番あっています。
この一連の動きを「クリエイト」と呼ぶかどうかはみるひとに任せています。



写真は知り合いが拾ったらしいタマムシです。この知り合いはなんでも拾う癖があります。
未分類 comment(5) trackback(0)
#91
R0026661_convert_20091111010919.jpg

むだだなあ。って思う事とか、そういう時間ってたくさんあって、それを思うたびに気が急いて無性にイライラしてきたりします。

でもよくよく考えたら人生全部ムダです。


大高のヘリウムがあまったので、ムダに100個風船を膨らましてみました。

かなりムダです。w
未分類 comment(3) trackback(0)
#90
R0026564_convert_20091109233914.jpg


ながくてアートフェスティバルが、昨日おわりました。
最終日は6時過ぎまでいろんな人があそびにきてくれて、うれしかった。

意外と子供に大好評☆

意外ととなりのマンションの人たちが気になってたようで・・

意外と一週間て短くて・・




でもあと一週間いたりしたら皮膚ガンになりそうです。もうこれいじょうにないくらい顔がまっくろです 笑


今週は

来週からの母校の展示にそなえつつ。

卒業なんとかを進めつつ。

のんびりします。






未分類 comment(0) trackback(0)
#89
        ながくてアートフェスティバル開催中☆だよ

                  8日、明日まで!!!
        
                    長久手各所

R0026519_convert_20091108002645.jpg

ドアができました☆
一週間もったら奇跡なんじゃないかと思えるほどぐらぐらです(笑)まああしたまでなんで、たぶん大丈夫でしょう。

今回のながくてにおける作品の運びは今までの中で一番手応えがあったというか、いい舵取りができそうだなぁと思わせる作品でした。
人と美術がどのように絡んでいけるかを、その渦中で余裕をもって観察できたように感じます。




かわって覚王山ですが、実はまだ片付けができていなくて街の人にかなりの迷惑をかけてしまっている状況。
しかも、街の人が協力して手分けしてやってくれているおかげでほんとに助かっています。

なかなか両面テープがはがれなくて、両手に水ぶくれ・・・・
生活圏に美術を詰め込むことは、すごいおおきな衝突があってしかるべきであり、そのプロセスを抜きに、好き放題去年も今年もやってしまったので、当然の結果だなあと思っています。
逆に、今回のトラブルのおかげで覚王山の街がどういった仕組みでできているのかとか、どんな問題があるとかどんな人間関係が発達しているのかとか、そういうとてもリアルなことをしることができてよかったとは思っているし、いろんな人たちの思いやりとか優しさにふれることができたのも事実です。











美術を街などに出すことって、充足しているように見える日常そのものにわざわざ喧嘩をうりにいくような行為で、はっきりいって売られた当事者には迷惑以外のなにものでもない。
実用もできなければそれでなにか生活が保証されることもないしねえ。
だからこそ、その作品以外の部分。作家本人であったりその作品の事前説明であったり、いろいろな部分はフェアに、そしてさわやかにいきたいよね。
未分類 comment(0) trackback(0)
#88
R0026457_convert_20091103230639.jpg

ながくてアートフェス3日目がすぎました。
朝は寒すぎて5時までたんぼにいるのは完全ありえないと思っていましたが、昼すぎから体が寒さを覚えたのか、5時までぼーっとしてても平気でした☆ビヴァ!適応能力!!

今日はいすを1、2個ちょちょっとつくって後はぼーっと本を読んでました。のんびりしすぎてかなりいい生活してるって感じがします。そしてかなりやってて楽しい!!
よくいえばワークインプログレスとかパフォーマンス・・のどちらでもない感じがします。中途半端だろうか・・・いや。なんだか今回は無駄に自分っぽくてよい 笑

風が強い地域なので、お昼に食べていたマックのポテトが宙を舞ったり、いろんなものがとんできたりします。まあ気をつけることさえ押さえればちゃんと生活できそうです。
いすがそろったのであしたは窓枠でもつくろうかなあと思っています。


今日、クルマで見にきていただいた方が降りてきて、「このあたりに作品が一個あるみたいなんだけど・・」ってぼくの作品の横で聞いてきました。。。。。まあ例によってかなり適当な作りしてるからねえ。




長久手は月がきれいです。せっかく机があるからパーティーとかしたいです。
未分類 comment(0) trackback(0)
#87
        ながくてアートフェスティバル開催中☆だよ

               11月1日から11月8日まで
        
                    長久手各所

 http://www.town.nagakute.aichi.jp/bunka/bunka/bunka/artfestival2009/geidai1.html






どうもどうも。前の記事から5日ぶりくらいなのですが、もう気分的に2週間くらいたったような気がします。

覚王山参道ミュージアムが終了し、昨日11月1日から長久手の様々な所で行われている、ながくてアートフェスティバルで展示をしています☆

覚王山の作品は、ちょっと問題が発生して、木曜日にまさかの全撤去になるなど、今回はある意味かなりハードでした。w
最終的にいろいろ親切な方々の調整により31日と1日のおまつりの期間だけ別の形をとって展示を行うことにはなり、感謝感謝です。

R0026145_convert_20091102214211.jpg
↑オリジナルの作品(10/29まで)
R0026232_convert_20091102214341.jpg
↑お祭り時の作品

変身して、かなりコンセプトとずれましたが、ギャラリー展示じゃなくて生活空間だからこそ、こういった突然のハプニングで形態をかえざるを得ないということはいつも承知していなければなりませんね。

でも結構子供を中心に人気だったみたいで、「遊べる」展示にはなっていたようです☆









うってかわってこちらはながくてアートフェスティバルでの展示。こまかくいえば、ながくてアートフェスの中の芸大プロジェクトの一環としてやっています。
R0026371_convert_20091102214757.jpg

たんぼの真ん中に机と椅子とカーテンがある。だけです。

いすや机はただの杭に板がのっかってるだけです。

順次ものがすこしづつふえていきます。

ぼくは8日まで毎日ここに来て、ここですごします。

そういう展示です。



そういう展示のはずなんですが、あまりにも寒すぎて自分が常にいるって設定は断念しそうな予感(笑)まさか急にここまで冷え込むとは・・・・
しかも、今日は信じられんほどの強風・・・絶対明日カーテン倒れてるし・・・・
あああああ。
ちなみに明日はいすを増やしてドアをたてようかと計画中。
かぜだけはひかぬようにがんばろうかねえ。


ああ・・・・かぜが強すぎる・・・・全部なくなっていたらさすがに凹むな
未分類 comment(1) trackback(0)
 home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。