そんなワカメは明日の海に沈む

2017
09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
#94
R0027043_convert_20091124014400.jpg

R0027014_convert_20091124014331.jpg

どうも。若干かぜぎみの、ながいです。

昨日は、岐阜の上にある金沢の21世紀美術館に日帰りでいってまいりました☆

朝11時に長久手を出て、4時くらいに美術館とうちゃく☆んで7時すぎには金沢を出るという、ほぼ車にのりっぱの一日でした。腰痛さん再来です!



今21世紀美術館では、オラファー・エリアソンという造形作家の展示が行なわれています。イギリスの美術館に太陽を作ったり、NYに滝を作ったりする人です。

展示の数、内容ともに、かなり量感のある展示で、観客満足度のけっこう高い展示でした☆

この作家は光の操作を中心とした基本的な効果を使って、空間をダイナミックに演出するものが多く、作家によって包括された空間を楽しむ展示がとても多いです。
こういった類の展示は、現代美術のイメージにつきがちな難解さがなく、多くの人が楽しんでみることができる「スペクタクル」としてとらえることもできて、とてもいいものだと思いました

また、今回のような展示は美術館というよりかは若干科学館みたいな感じがして新鮮です。美術が科学と交わろうとするのは昔からそうだし、意外と密接した分野ではあるんだけど、こうして大きな「美術館」という自由度の高い箱の中で科学的な根源に触れるのも悪くない。
むしろ、余計な情報を省かれているが故にその美しさはもちろん、我々にとって根源的で大切なものであることを科学館以上に感じることができます。
そういった点を見ると、オラファーエリアソンの展示は、美術のベースにある「美しさ」の追求をある種まじめに行なっているものだとかんじました。



下の写真は女の子じゃないです。これはタマヤマです。
スポンサーサイト
未分類 comment(2) trackback(0)
comment
----

女の子かと思った笑
by: soso * 2009/11/25 11:49 * URL [ 編集] | page top↑
----

でしょ!!このこハイウェイのトイレでほんまにおっさんに間違われてた 笑
by: 永井 涼太 * 2009/11/26 21:50 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackbackURL
→http://wakame3go.blog49.fc2.com/tb.php/108-e4ee626e
<<< home  >>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。