そんなワカメは明日の海に沈む

2017
09 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
20100109:YASUINE~☆
Photo0218.jpg

昨日、覚王山にあるカフェのソボクロさんで古本かいました。美術手帖ってやつです。毎月でてるんだけど、美術作家の必読所的な空気をだしたがっているような感じがして、最近は読む気になりません。中2なことをいうようだけど、王道によろこんでたら美術作家はおしまいです。最近は書店で、月2発刊の「ベストカー」と同じぐらいパラ見です。

でも、今回買った美術手帖、300円とかなりお値打ち☆ソボクロのメグさんいわく、売る気ないからね~~~っていう商魂たくましくないいい感じ☆得しました♪
12年まえの美術手帖なんだけど、なんだかいまのより着眼点が広くていいかも・・・コミケのトピックとかあって、美術系にありがちな変にタカビな評とかじゃなくて、純粋に泥臭い文の書き方がいい!というかコミケというのはそんな前からあったのか!と目からうろこ
まあなによりこの1997年11月号は、特集がぼくが大好きな「インスタレーション!!!!!」なんですね~~~しかもなんだかかっこいいと思って作ってんのかなんなのか、インスタレーションインスタレーションインスタレーションINSTALLATIONってよくわからん配置の表紙がおもしろい。
んで同じ特集をいまやれるかな~~ってちょっと考えてみたりした。たぶんやらないな。うん。

自分の作品はほとんど「インスタレーション」だ!!っていってるけど、なんだか自分でいいながらうさんくさい言葉使ってるなって実は思ってる。
自分の作品の位置を、規定「しない」んじゃなくて「できない」からインスタレーションって言葉に頼ってるんだろうな。。。。っていう気持ち。今は逆に、絵画だ!とか彫刻だ!!ってどっしりとその枠組みに対して構えてやる方がなんだかかっちょいいよなあ。って思ったりもしてます。

ともかく、12年前までは、こんな特集を張り切ってやってるところをみても、今みたいな「あ、インスタね☆」って感覚はなくって、インスタレーションにもう少し前衛的な感覚と、それをやってることに誇りがあって、まだ大みえ切って論じるに値するようなころだったのかな。と思いまして、そんな元気な「インスタレーション」を見てみたいとおもったのでありました♪


ちなみにインスタレーションはよく「仮設」と日本語訳されて、一緒に長ったらしい説明をつけることが多いんですが、もともとは「設置」を意味する「インストール」だったんですね~~~初耳だった。「設置」だったら「仮設」よりちょっとわかりやすい・・・・かな 笑
じぶんとしては、「モノ」からふらふらと、空間や音や概念や観客、地球、いろんなところに散ってしまった「美術」の感覚をむりやりひきよせたかのように見せる為の便利な言葉だと思っています。
スポンサーサイト
未分類 comment(4) trackback(0)
comment
----

私もインスタレーション好きだけど、
「インスタレーションってなに?」って訊かれると
説明に困るよね。。。
by: soso * 2010/01/09 10:21 * URL [ 編集] | page top↑
----

そなのよ・・・・ぎゃくに「彫刻とか絵画とかじゃないもの」みたいにいった方がはやいよな 笑
by: 永井 涼太 * 2010/01/10 21:58 * URL [ 編集] | page top↑
----

それアート全く知らない人には、
謎を深めるだけじゃないのか。。。?

てかパフォーマンスってインスタレーションに入るの?
by: soso * 2010/01/12 09:08 * URL [ 編集] | page top↑
--Re: タイトルなし--

定義とかあまりきまってはいないんだけど、多くは『据え付け」「架設」といった意味の言葉であるが、そこに置かれるオブジェ(モノとしての作品)のみでなく、周囲の空間も含めて一つの作品として提示する表現方法あるいはその作品を指す。』みたいなのが共通意識だからパフォーマンスはインスタレーションだといえるようないえないような・・・・・

人間かて(モノとしての作品)と見ればインスタレーションなわけだから、いくらパフォーマティブな作品でも作者が、いや、これはインスタレーションだ!っていちゃえば反論はできんよねえ。、
要はこの用語ほど作者の意識的な側面に左右されるものはないだろうね。というかこういう用語がでてきた時代くらいから彫刻とか絵画とかも境界があいまいになってきたというか、客観的な区別をしにくくなった。というのかねえ。


というか、謎を深めるというけどさ、美術やる人ってそれだいすきだから世話ないよね。
他人に理解されることを求めています!っていいながらなぞなぞな自分の存在にムフフってなってる。うん。確かにコミュニティができにくいわけだ 笑

by: 永井 涼太 * 2010/01/12 18:57 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackbackURL
→http://wakame3go.blog49.fc2.com/tb.php/120-e97587e3
<<< home  >>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。